前回に引き続き株価のグラフ(チャート
の見方について解説します‼

前回の記事を読んでないはこちらから
⇓  ⇓  ⇓

今回はチャートを構成する、
以下の棒ような物について解説します‼

※色や形などはご使用のサービスによって
異なりますので調べる際はご注意下さい。

~ローソク足とは~

ローソク足とは

このようなチャートは拡大すると、

以下のような1本1本の棒のような物で
構成されています。

この棒のような物をローソク足といいます。
ローソク足は1本につき、一定期間内で
どのくらい株価が変動したかがわかります‼

期間によって名称が異なり、
「〇〇足」と呼びます。

(例 : 日足 ⇒ 1日あたり1本
1時間足 ⇒ 1時間あたり1本
1分足    ⇒ 1分あたり1本 )

ローソク足の見方

ローソク足には陽線と陰線の2種類があり、
陽線 ⇒ 株価が上がった場合
陰線 株価が下がった場合
となっています。
また、ローソク足は
・上ヒゲ
・実体
・下ヒゲ
の3要素から構成されています。

ローソク足からわかること

ローソク足からは以下の図のように
高値(一定期間内で最も高い値)
安値(一定期間内で最も安い値)
始値(その足が形成される最初の値)
終値(その足が形成された最後の値)
の4つの値を読み取ることができます。

 

おわりに

今回はローソク足について解説しました‼
ローソク足を見れば、
・株価が上がったのか、下がったのか
・その日どれだけ株価が動いたか
がわかります‼
ぜひ銘柄選びの際に活用してください‼

TOP